新しい相棒 FUJIFILM  X-Pro2【作例あり】

新しい相棒 FUJIFILM X-Pro2【作例あり】

Blog

こんにちは!

米沢の雪の量にうんざりし始めているこーたです。。。笑

久しぶりの投稿になりましたが、先月新しいカメラを買ったことをご報告させていただきます!!!!!!

 

 

 

FUJIFILM X-Pro2 です!!!!!

 

 

いやーーーーー買っちゃいました。

念願の ” FUJIFILM ” 。(もちろん中古です)

    

 

 

 

最初のレンズとして、神レンズと名高い

xf 35mm F1.4 R も一緒に購入しました!

フジフイルム XF35mm F1.4 R

価格:61,893円
(2021/2/4 19:08時点)
感想(2件)

最新のレンズではないため、若干AFが遅かったり迷うこともありますが、

描写力はピカイチです!! 

 

クラシックな四角い金属製のレンズフードも渋いですねぇーー。 

 

 

もともと祖父から受け継いだカメラやレンズ類がNIKONだったこともあり、

これまでNIKON一筋でいましたが、心のすみっこでずっと、、

「FUJIFILMのカメラかっこいいなぁーー。渋いなぁーー。いつか欲しいなぁーー。」

と、ずっと思っていたのです。。。笑

  

 

   

だが、しかし、but…!

 

 

撮影の依頼件数や、資金も貯まってきたこともあり

「旅する機会が増える前に買っちゃえー!!!」 と、購入を決めちゃいました。

  

 

FUJIFILMに惹かれた理由

単純明快に

  • 見た目(デザイン)
  • 撮って出しの色味
  • シャッター音

です!

 

まずはこのデザイン

 

かっこいい。

かっこよすぎる…。

フィルム機を連想させるような四角いボディ。

 

 

男心くすぐる物理ダイヤル。

使えば使うほど味が出そうな真っ黒のアルミの装甲。

写真を撮ることを楽しませてくれるファインダー。

 

もうね。

こいつ見ながら、ごはん3合くらいいけちゃいます。笑

 

 

 

 

 

次に撮って出しの色味!

 

撮って出しとは…

デジタルカメラなどで撮影した写真に、何の編集もせずに

デジタルカメラ内で生成されたJPEG画像をそのまま見せることを言います。

 

 

買ってすぐ、散歩がてらパシャリしてきました。 

その時の撮って出しの写真が、こちら!

 

 

もう、僕程度のレタッチなら要らないんじゃないかと思うくらいいい色味ですよね。。。

 

趣味としてパシャパシャするなら、こいつで撮ってレタッチせずに写真を楽しむことが増えそうです。

 

  

 

 

 

 

最後に、心躍るシャッター音!

 

相棒となるカメラを選ぶ上で僕が個人的に大切にしているのがシャッター音です。

カタログなどに載っている数値で表せる機能面だけではなく、

数字では表せない、人の感性の「撮りたい」と思わせてくれるか

が大事になってくると思っています。

 

個人的に、一眼レフのような カシャッ!! ではなく、

なんか。。。こう。。

大人しめな チャキっ! というX-Pro2の音に

耳で一目惚れしたのです。。(伝われ笑)

 

 

 

どれだけ高いカメラでも、撮りたいと思わせてくれなければ

相棒としてはふさわしくないと思うんです。(個人の見解です)

 

 

その点X-Pro2は優秀でした。

見た目もシャッター音も色味も、全部含めて

「今日も持っていこう。」

と思わせてくれるカメラなんです。

 

 

 

後日詳しくレビューしますが

FUJIFILM機を買うときは、絶対セットで買おうと決めていた

Anchor Bridge製の、革ストラップもお披露目です!

 

 

今後ずっと使える一生モノの良いストラップとして、奮発しました!(切れたら泣く)

 

X-Pro2は革が似合うおしゃれさんですねぇ~

 

 

これから

ここまで読んでくださりありがとうございました。

新しい相棒の惚気を長々と綴ってきたわけですが、

お仕事ではメイン機D750のサブ機として毎回連れていく事になると思います。

 

プライベートではD750よりもX-Pro2を持ち出す機会が

圧倒的に増えると思います!(D750ごめんよ)

 

まだまだ知らない一面や使いこなせていない機能もあると思うので

時間をかけてX-Pro2のことを理解していこうと思います。

 

ということで、新しい相棒x-pro2をどうぞよろしくお願いします!!!